2019年秋のファッションはフェザー

毎年、寒い季節にタイツが欲しいけど大きいサイズのタイツってなかなか近づいてくるとファーを使ったアイテムが流行しますよね。首の周りに巻くマフラーや、バックなどにつける。丸いファーのチャームなど、さまざまなアイテムが流行ってきました。2019年の秋は、ファーではなく「フェザー」が流行しそうです。ファーよりもフェザーの方が軽い印象があるので、洗練された雰囲気を出せるアイテムです。
コートや靴のように高いものを毎年買い替えようとするとお財布事情的に大変ですが、小物はそこまで大きな買い物ではないので、流行に乗って買い替えるのがおすすめです。毎年活躍してきたファーのアイテムを、フェザーのジャケットを羽織ると大人セレブなスタイルがアイテムに入れ替えるだけで、今っぽさが出ますよ。
フェザーはファーと違って密度が薄く、ひらひらと風にそよぐアイテム。動きも軽やかなので、揺れるものを目で追ってしまう男性を惹きつけるのにもぴったり。よく「揺れるピアスで男性の視線を釘付けにする」と心理テクニックで言われますが、フェザーでも同じ効果を狙うことができますよ。
ハイブランドもファッションショーでフェザーレースのデニムパンツがオシャレすぎるので通販でのアイテムをたくさん出しているので、2019年の秋はフェザーが流行間違いなし。ファーよりも軽い質感にこだわり、今っぽい着こなしをしていきましょう。

お腹をカバーするお勧めの洋服

ワンピースを選ぶ場合は、えりなしの胸に少しギャザーの入っているワンピースでウエスト周りがラフになっている裾に向かって広がりを見せるデザインを選ぶことで気になるお腹が目立たなくなります。えりがないことで首回りがすっきりと見え、胸にギャザーが入っているので上半身が強調されお腹周りが目立たなくなります。また、ウエストラインに縛りがないので着心地も良いでしょう。また、ざっくりと大きめのロング丈のシャツ風のワンピースも快活なイメージでお腹周りが、目立ちにくい一着です。アクセントにルーズな感じでベルトを付けるのも良いかも知れません。同じようにスカートを選ぶ場合もお腹周りをすっぽり包むフレアースカートやギャザースカートがおすすめです。ウエストから裾に向かって広がりを見せるフレアースカートは、ウエストラインに少しタックが取ってあるとポッコリお腹が目立たなくて着やすくて良いと思います。
また、シャツを着こなす場合においては、少し大きめのシャツで下は、スリムタイプのパンツが良いと思います。シャツの色は、暖色系は、明るいイメージで素敵なのですが膨張して見えるので暖色系を選ぶ場合は、少し薄い色のパステルカラーが良いかも知れません。おすすめは、水色や青などの寒色系がすっきりとスマートに見え、縦のストライプのシャツがおすすめです。縦ラインは、見ている側に細長く見える印象を与えるので実際よりスマートに見えます。ボーダー柄のTシャツやセーターは、横幅が強調されるのでかえってお腹が目立つのでお勧めできません。

二の腕が太くてもカバーできる

二の腕が太いことが悩みという場合、半袖やノースリーブが着られないと夏でも腕を隠してしまいがちです。しかし隠したからと言って二の腕の太さがカバーできるとは限らないので、上手にカバーする方法を知っておくほうが良いです。二の腕をカバーしたい時に着てはいけないのがピタッとした袖のものです。二の腕が強調されてしまいます。ふんわりゆるい感じの袖だと二の腕が自然にカバーできますし女性らしい雰囲気も出せます。オフショルダーやドロップショルダーなどは肩から二の腕が気になる人におすすめのデザインです。ドルマンスリーブはゆったりした感じがあり二の腕を上手に隠すことができます。袖の長さが中途半端だと余計に二の腕を目立たせてしまいますので袖の長さも注意しましょう。二の腕が太いとノースリーブのワンピースが着られないという悩みがありますが、カーディガンを肩からかけてみたり、ストールを使うことで二の腕をさりげなく隠すことができ太さを強調させずに済みます。着られないとあきらめなくても工夫しだいでノースリーブだって着ることができます。二の腕の太さをカバーしやすくするために、色も濃い色にしたり柄も縦のストライプを選ぶなど細く見える選び方をすると良いでしょう。

簡単!おしゃれな女性服選び

女性からはもちろん、男性からもオシャレに見える大きいサイズのチュニックを着たい大きい女性、と考えている人は多いのではないでしょうか?そこで、今回はオシャレな女性服選びのコツをご紹介します。オシャレな女性服選びでもっとも簡単かつ確実な方法は「マネキン買い」です。店頭のマネキンは、トレンドのファッションや売れ筋商品がトータルコーディネートされた状態で置いてあります。そのマネキンの女性服をまるごと買ってしまえばほぼ間違いなく流行のオシャレができますし、家に帰って服の組み合わせに悩む必要もありません。ただし、当然ながらマネキンと自分の体型は違うため、買う前に試着をすることをおすすめします。次におすすめなのは、シンプルなニットを何枚か買っておくことです。ナチュラル系の大人可愛いニットを秋冬のコーディネートにはパンツスタイルにもスカートにも合うため、着る人をダサい印象にさせることはほとんどありません。また、ナチュラルファッションにピッタリなワンピースは着る人を綺麗めで大人な印象に見せてくれます。ぜひ、丈やシルエットが違うニットを何枚か買いそろえておきましょう。夏もサマーニットを数着持っておくと、手軽に清潔感のあるオシャレを楽しめるのでおすすめです。マネキン買いやニットを活用して、手軽にオシャレな女性服を楽しみましょう。

デニムにこだわれば全てが変わる!

夏直前!女性のみなさん!夏服は揃っていますか?私はつい先日お気に入りの夏用デニムを手に入れました!ボトムの代表格は何と言ってもジーンズです!「夏は暑いからデニムは穿きたくないなー。」とおっしゃるそこのあなた。ご安心ください。今は「夏用デニム」というものが登場しています!しかも、本当にかなりの涼しさです。様々なメーカーから夏用オシャレで大人ナチュラルなコーデに合うデニムパンツが発売されていますが、どのメーカーも冷感素材の「レーヨン」などを上手く織り込み涼しさを取り入れています。ただ問題なのは、レーヨンを入れると「デニムっぽくない」生地感になってしまいます。穿き古したようなユーズド感も表現しにくいです。しかし、なんと最先端の技術を使うと「まるで本当に穿き古したようなジーンズの見え方」を表現できます。伸縮性のある大きいサイズのデニムパンツを通販で見つけは「女らしさ」と「合わせやすさ」を両立させる素晴らしいボトムです。トップスに合わせる物を問いません。ここまでこだわった加工感のあるジーンズでストトップスに何を合わせてもGOODです。この夏にお勧めなのはずばり「夏用の涼しいジーンズ」です。私はここにこだわってこの夏を快適に過ごしていこうと思います!是非あなたにもおすすめです!

体型に合った大人のスカート選び

女性らしい大きいサイズの読者モデルが可愛い服のコーデを通販でコーデ服装となるとスカートを選びますよね。
いつもパンツスタイルでスカートを履かない人にとって、スカートを買うとなるとどういう物がいいのか悩みます。
スカートは選び方によって見た目年齢も変わってきます。
10代のときに履いたミニスカートをアラサー以上が履くと「何あの人!?」と周りの視線が痛いです。
「私はまだ若いのよ」とアピールしたくなるのは分かりますが、かえって老けて見えてしまうので年相応の格好をすれば若く見える大人のナチュラルファッションかもしれません。
痩せている人はフレアスカートなどふわっとしたスカートやタイトスカート、ロングスカートなど何でも似合うのでОKですが、О脚の人はロングスカートがオススメです。
アラフォー世代の大人女性にこそ着て欲しいのがフレアスカート
太っている人は大きいお尻や太ももを隠したいのは分かりますが、逆にタイトスカートが痩せて見えるのでオススメです。
「お尻が目立つじゃない」と思ったらお尻が隠れるブラウスなど、上の服装でカバーすると良いです。
ロングスカートもお尻が大きい人が履くと寸胴のようにストーンとなってしまうシルエットなので、太って見えてしまいます。
なので試着をして広がらない素材・形を選ぶと良いかもしれません。
ウエストで合わせるか、ヒップのサイズで合わせるかでスカートの似合う似合わないが見えてきますので、試着で素敵な自分を見つけましょう。

スタイルが良く見える服の選び方

洋服を選ぶ上で、まず気をつける事は、自分に似合っていると言う事と、スタイルが少しでも良く見えるということを重視して選んでおります。
服の選び方一つで、あまりスタイルが良くないと感じる人でも、抜群にスタイルが良く見えたり、その反対で、スタイルが良いのに、選ぶ服のせいで、全然スタイルが良く見えないという事もあります。

そんな私はスタイルに関してはごくごく普通ですが、やはりスタイルを良く見せたいので、服選びは凄く気を使います。
冬場はジャンパースカートタイプの物を選んで、タイツとタートルにショートブーツを履くスタイルが自分のスタイルを良くみせると分かりました。また、春や夏に関しては、あえてデコルテを少し露出するデザインの服を選んでいます。
デコルテの開きが多くなく、少なく、自分にあっている開き具合の服を見つけると、首長効果もあります。

また、夏場はキャミソールタイプのロング丈のワンピースを着て、肩からカーディガンをかけて、手長効果も出しています。
カラーに関してはやはりブラックやグレーがスタイルを良く見せてくれるカラーだと思いますが、差し色として明るいカラーを入れることで、顔も明るく見せています。
今後もなるべくスタイルが良く見える服を選んで、着ようと思います。