美脚パンツの選び方を紹介

美脚に見えるパンツの選び方として真っ先に挙げることが出来るのがハイウエストのボトムです。ジャストウエストのモノと比較して足が長く見えるのが魅力で、同じ太さであっても足が長く見える分バランスが良くなり細く見える、美脚に見えるという訳です。大きいサイズのデニムパンツで下半身をカバーではローライズではなくハイウエストのモノを選ぶだけで、腰回りがスッキリ見えるので美脚効果だけではなく痩せて見えるのでお勧めです。あと太ももが太くて気になるという人のお勧めの美脚に見えるパンツがテーパードパンツです。太ももの周囲にゆとりがあり、さらには膝下は細いデザインになっているので脚がスラリとして見えます。他にもO脚で悩んでいる人はセンタープレスパンツを選べば縦長シルエットに見えますし、特にワイドなデザインなら効果は抜群です。他にもししゃも足の人はラインが出ない素材のパンツを選び、デザインはワイドパンツもしくはテーパードタイプのモノがお勧めです。つまり自分のコンプレックスを上手に隠してくれるボトムを選ぶことがオシャレで美脚にみえるデニムパンツをナチュラル系ファッションサイトで選びのポイントと言えます。それに最近は美脚スキーニ、スーパーストレッチデニム、スタイリッシュデニムといった履くだけで脚をキレイに見せてくれるパンツが販売されているので、まずは試着してみて下さい。

体型に合った大人のスカート選び

女性らしい服装となるとスカートを選びますよね。
いつもパンツスタイルでスカートを履かない人にとって、スカートを買うとなるとどういう物がいいのか悩みます。
スカートは選び方によって見た目年齢も変わってきます。
10代のときに履いたミニスカートをアラサー以上が履くと「何あの人!?」と周りの視線が痛いです。
「私はまだ若いのよ」とアピールしたくなるのは分かりますが、かえって老けて見えてしまうので年相応の格好をすれば若く見えるかもしれません。
痩せている人はフレアスカートなどふわっとしたスカートやタイトスカート、ロングスカートなど何でも似合うのでОKですが、О脚の人はロングスカートがオススメです。
太っている人がフレアスカートを履くともっと太って見えてしまいます。
太っている人は大きいお尻や太ももを隠したいのは分かりますが、逆にタイトスカートが痩せて見えるのでオススメです。
「お尻が目立つじゃない」と思ったらお尻が隠れるブラウスなど、上の服装でカバーすると良いです。
ロングスカートもお尻が大きい人が履くと寸胴のようにストーンとなってしまうシルエットなので、太って見えてしまいます。
なので試着をして広がらない素材・形を選ぶと良いかもしれません。
ウエストで合わせるか、ヒップのサイズで合わせるかでスカートの似合う似合わないが見えてきますので、試着で素敵な自分を見つけましょう。

プラスするならシャツワンピを

ワンピース選びに迷ったら、ぜひおすすめしたいのが、シャツワンピース。マキシ丈の長めのシルエットが最近トレンドアイテムとして注目されています。着痩せできるシャツワンピースも大きいサイズの通販で購入はさまざまなタイプがありますが、特にチェックしたいのが無地とストライプです。まずは無地。幾何学やフラワーといった色柄はカラフルでたしかに華やかですが、どうしてもワンピース一枚で完結してしまいがち。さらにフェミニンな印象にはなりますが、レギンスやパンツを合わせるとかえって野暮ったく見えてしまう場合があります。シャツワンピースのみでフェミニンや清楚さ、きちんと感を意識したコーディネートをするなら柄ものを、ボーイッシュ、ハンサム系、また動きやすさを求めるならシンプルな無地のシャツワンピースをチョイスすると〇。無地といっても素材も多彩。サテンやコットン、レーヨンなどいろいろあるので、着こなすシーンや自分の肌に合ったものを選びたいですね。次にストライプ。こちらはここ数年のマストアイテムとして人気ショップが次々に商品展開しています。ストライプのシャツワンピースは着痩せ力抜群には大きくわけて襟付き、襟なしのノーカラーの二種類ありますが、ストライプならノーカラーがいちおしです。その理由はスタイルがよく見えるから。首もとがすっきりしていると、デコルテがきれいに見え、すっきりした印象になります。小ぶりの大人のオシャレに欠かせないのはオシャレなアクセサリーを合わせても素敵ですよ。さらにストライプの配色にも注意しましょう。うっかり「それパジャマ?」なんて言われないようなカラーを見つけましょう。シャツワンピースは時代に左右されない大人の定番アイテムです。ぜひ、自分にぴったりの一着を見つけてみてはいかがですか。

年齢で変わる服の選び方

いくつの人でも服は買うと思います。買い物をするのはストレス発散になったりテンションが上がるので、楽しいものです。楽しさは変わらずとも、年齢を重ねることで、購入する服の選び方が変わってきます。服の流行が変わるので、その影響を与える受けているとは思いますが、流行りに関わらず好みの部分で、服を選ぶ基準が年齢で変わってくるものです。いくつになっても、10代の頃と同じ色使いや柄の服を選ぶことはないと思います。1番服を購入する時の選び方で変わるのは、精神的な部分じゃないかと思います。ある一定の年齢を超えると、服に対しての冒険をしなくなると思います。雑誌では見かけるけど、街で着ている人を見かけないデザインの服や今までに着たことのない色の服をを選ぶことはなくなると思います。今までの経験の中にない、服装選びをしなくなる傾向だと思います。コーディネートの幅や組み合わせの数は減り、色使いも似たような色になり、着こなすと言うより着ているだけと言う方が正しいような状態になってくるのかもしれません。シンプルな色使いやシンプルな服を選ぶようになり、冒険しなくなるというか、なるべく無難な方を選択してしまうのだと思います。

ママらしさを損なわないコーデ

おしゃれなママコーディネートをしたいと思った時、やはりママであるという立場を損なわない品のあるコーデをするのがいいと思います。これは、フォーマルのようなかっちりとした形の服を指すのではなく、カジュアルの中に少しだけ大人っぽい要素や女性らしさを取り込んだママらしい優しさのあるコーデを指します。例えば、Tシャツにデニムを合わせる定番のカジュアルスタイルでも、デニムをダメージ加工の無い足が綺麗に見える細身のデザインのものにすれば、女性らしさが増します。Tシャツもパフスリーブやフリル、レースの入ったデザインのものや柄のうるさくないものを選べば、品のある印象をつくることができます。さらに、足元にはごつめのスニーカーや厚底靴ではなく華奢なデザインのパンプスやスニーカーを合わせればママらしい優しさのあるコーデができます。また、ママならではのおしゃれなコーデの楽しみ方として、アイテムや色味を子どもと揃えた親子コーデがあります。私のお勧めは、全てお揃いにするのではなく、例えば靴下などの小物やトップス、ボトムの色や雰囲気を合わせさりげないお揃いコーデです。全く同じ格好をするよりもさりげなさがおしゃれ感を増してくれます。そしてファッションを通じて子どもとコミュニケーションを取れば子どもも喜ぶし、普段のお出掛けもますます楽しくなるのではないかと思います。ママになるとおしゃれにかける時間やお金が少なくなりがちですが、ママならではの優しく品のある雰囲気を作ってくれるアイテムを上手に使い、おしゃれを楽しみたいですね。

着丈とカラーで決まるコーディネートの基本!

夏が近づいています。こういう時期って半袖なのか、7分や5分丈なのかなど難しい日が多いですよね!今回はコーディネートにおいてカラーやデザインと同じくらい大切な着丈に関して書かせていただきます。

着丈と申しましても、洋服の着丈だけでは決められません。大切なのは自分がどんな格好を目指しているかが大切になります。ゆるふわっとした格好をしたい場合は淡い色相をふんだんに使い着丈は大きめで(大きすぎるのはダメ)選びます。全体をフワッとしすぎると締まりどころがなくなったりするので靴や帽子などに濃いめのカラーを入れる事でフワッとしながらも締まりあるコーデができます。

モードやカジュアルを着る場合はインナーやパンツは細身のシルエットを出した方が格好良いので丈はピッタリか少し余る程度。軽いロールアップも場合によってはありですよね!パンツやアウターには締まりある濃いめのカラーを使うことによって引き締め効果も出ます。

また男性の方でハーフパンツなどの短パンスタイルを楽しみたくなるのが夏ですよね。でもこの短パンスタイル注意が必要です。自分の体型が少しぽっちゃり気味であれば丈は少し長めのハーフパンツ。それでも膝上くらいの丈に合わせることであまりダボつかせない事が大切です。

細身のシルエットや筋肉質の方は大腿四頭筋が若干見えるくらいがよりセクシーに短パンと足を見せるコツになります。

最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。

ファッショニスタに人気の黒色

オシャレな女性というと、流行に敏感でトレンドアイテムを身に着けている女性のイメージがあります。
私が一目見てオシャレで憧れるファッションは、シンプルなコーディネートで、さりげなく差し色を入れて遊んだり、柄物の小物をさりげなく主張しているファッションの女性です。
女子力の高いファッショニスタの方の多くが、小物の使い方や色の使い方が器用で、主張の強いレオパード柄やパイソン柄のアイテムも、シンプルにまとまっています。
そんな柄と色を取り扱うのが上手いファッショニスタですが、私的に共通していると感じているのが、「黒のアイテムを持っている方が多い」ことです。
90年代ファッションが流行している最近では、ヴィンテージの黒のショルダーバッグを持っているオシャレさんが多い気がします。
黒は取り入れやすくて優秀なカラーなので、トレンドの柄物の小物アイテムや、差し色を邪魔せずにシックにコーディネートをまとめてくれる役割だと思います。
着太りに悩んでいる方は、着痩せ効果抜群の黒のトップスやボトムスを1着取り入れるだけで、スタイルアップを叶えることができちゃうんです。
シックで大人っぽいコーディネートからガーリーで可愛らしいコーディネートまで幅広く活躍してくれて、着回しやすくて実用性が高いことから、黒色のアイテムはファッショニスタに愛されているんです!

40代、50代に似合うおしゃれ

40代、50代になると20代に着ていた服が似合わなくなってきて、残念に思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、年齢を重ねることで楽しめるファッションやその人の魅力を引き出せるファッションがあります。
20代のころはピンクのように明るくかわいらしい印象のある色の服装が似合います。しかし、年齢を重ねると肌がくすんでくるなどの影響もあり、ピンクのような明るくかわいらしい印象のある色は似合わなくなってきます。
40代や50代で似合う色は、黒、白、グレー、ベージュなど落ち着いた色です。20代の女性が黒を着ていると暗い印象を与えるだけになってしまうことがありますが、大人の女性が黒を着ると落ち着いた雰囲気が生まれ、上品な大人の女性の魅力を引き出すことができます。
このように、40代や50代ではその年代にしかできないおしゃれがあるのです。
40代や50代になったら昔に来ていた服を懐かしんで無理に着るのではなく、その年代にあった服装をしてみてはどうでしょうか。それが大人の女性のおしゃれです。年齢にあわない服装を無理にするのではなく、年齢にあった服装に変えていくことで大人の女性の魅力が引き出されておしゃれ感がアップします。

サイズが合っていることが決め手

服を購入する際の決め手となるのは、その服の色が気に入っていること、自分が持っていない色であること、サイズがぴったりで着心地が良いこと、そして価格がリーズナブルであることです。これらがすべて揃っていると感じたものは間違いなく購入します。一方でこれ全部の条件を満たしていないものの、多少妥協できるとすると、色です。色に関しては好きな色があるので、その色であれば、他に持っていても購入することがあります。ですが、サイズが自分に合わないとか着心地が良くないということであれば、それは妥協することができません。どれほど安く色やデザインがよくても、それを購入することはありません。自分のこれまでの経験上、サイズが合っていないと、どれほど気に入った服もやはり着なくなってしまうのです。そういうものを持っていると、なんだかイライラしてくるし、気に入っているので捨てることもできない、購入しなければ良かったと後悔してしまいます。最後にもうひとつ、流行のものは基本的に選びません。飽きるし、やや奇抜なものが多いので、すぐに時代遅れになるからです。オーソドックスで長く着れそうなデザイン、やや平凡ですが、落ち着いた感じのものを好みます。

通販で服を買う際のポイント

とても便利な通販ですが、失敗しないために気をつけるポイントがあります。一番に大切なのはサイズをしっかりと確認することです。モデルさんが着ている画像があればモデルさんの身長や体重も見ておかないと、自分の体格と違うと着た時の印象が全く違ってしまいます。幅や丈など細かく見て、自分が持っている服で近いサイズ感のものでイメージするとわかりやすいです。ボトムスの場合同じサイズでも、ウエストにゴムが入っているか、生地にストレッチがきいているかどうかで着たときの感じが全く違うので注意が必要です。伸縮性が全くないボトムスの方がタイトに感じ、同じサイズなのに入らないということもあるからです。次に気をつけるポイントは素材です。生地ひとつで同じデザインでも印象や着たときの質感は全然違います。お気に入りの服がどんな素材かを品質表示タグで普段から確認しておくと、通販でもこの素材なら着た感じはこうなるだろうな、など簡単にイメージできるのでとても役立ちます。最後のポイントは画像と実物の色に差がでてくることです。画像の色合いはなるべく実物に近い色味に調整してあることがほとんどですが、届いてみてイメージと違う!と感じることはどうしても起こります。これだけは通販では解決は難しいので、どうしても失敗を避けたい場合は、可能なら購入前に店舗に実物を確かめにいくことをおすすめします。通販サイトのポイントがたまるからどうしても通販で買いたいけど、実物の色味などを確認しておきたい場合、このひと手間をかけるだけで安心して注文できます。